マテーラ(Matera)〜アマルフィ(Amalfi)

2009年8月9日

朝食後すぐに出発です。

前年と同様にマテーラ(Matera)からアマルフィ(Amalfi)へ。

旅の真っ最中によくやってしまうのが、「曜日の感覚を失う」です。この日が日曜日だと気付いたのは、駅へ着いてからでした。

目次

バスも電車も運休

昨年は水曜日でした。なのにマテーラからバーリへのローカル線が動いておらず、駅前から出ているバスでフェランディーナ(Ferrandina Scalo)へ。フェランディーナ(Ferrandina Scalo)での列車の待ち時間が長く、サレルノ(Salerno)へ着いた頃には既に日没後でした。サレルノからバスに乗り、アマルフィ(Amalfi)へ辿り着けました。

あわせて読みたい
マテーラ(Matera)〜アマルフィ(Amalfi) 2008 2008年8月6日 マテーラ(Matera)からアマルフィ(Amalfi)への移動日です。 例のパン(右)例の硬質パン、そしてカプチーノもすごく美味しかったです。 【ローカル線は...

さてと。今回は日曜日。

切符売り場の窓口も、ホームへの入り口も閉鎖されています。どうやら頼みのバスも無いらしい。人に聞いても「知らん」という。(ほんとに知らんのかどうかw)

ここで無駄に時間を費やすのもアレなので、タクシーで即決。

ポテンツァ駅(Potenza Centrale)までタクシーに乗り、そこから鉄道でサレルノ(Salerno)へ行くことにしました。

ポテンツァ(Potenza)〜サレルノ(Salerno)

ポテンツァ駅へ着くと、やっぱり休日の代替バス運行になっていました。(笑)

無事サレルノ(Salerno)へ着き、サレルノ港へ。

昨年のバスとは異なるルート、海路でアマルフィ(Amalfi)へ行くことにしました。

世界遺産の絶景を海から

チケットを買い、乗船です。

海岸線の独特の景観とその美しさで世界遺産に指定された、アマルフィ海岸(Costiera Amalfitana)。

港を出てしばらくすると、単調だった景色がガラっと変わります。そして見覚えのある港町に近づいてきました。

昨年に続き、また来ましたよ。アマルフィ(Amalfi)。

ラヴェッロ(Ravello)

日没までしばらく時間もあるので、ラヴェッロ(Ravello)へ行くことにしました。

アマルフィの港付近からバスに乗り30分程で高台の町ラヴェッロ(Ravello)へ着きます。

バスを降りたところからトンネルを進んでいくとすぐ、ラヴェッロ大聖堂のある広場が見えてきます。

ヴィッラ・ルフォーロ(Villa Rufolo)

1200年代に建てられた、ムーア様式を取り入れた邸宅。階段状の庭園とテラスから海を一望できる。

大聖堂(Duomo di Ravello)

大聖堂前広場は憩いの場。落ち着いたバールも数軒あり、のんびりカフェタイムを過ごせます。

暑いのでジェラートを。。(笑

えらい広角やな。。;

ヴィッラ・チンブローネ(Villa Cimbrone)

ラヴェッロの高台の最も海沿いにある、ヴィッラ・チンブローネ(Villa Cimbrone)へ。

初めて訪れるならば、ここはきっと外せないスポットでしょう。

4つ星ホテル敷地内に庭園があり、有料で見学できます。

入り口でチケットを買い、庭園散策です。

海沿いを目指して歩くと、無限のテラス(Terrazza dell'Infinito)に出ます。

海抜350メートル程の崖上にあるテラス。

昨年は昼下がりの良い時間に来れましたが、今回は夕方になってしまいました。

暗くなってきたし、そろそろアマルフィへ戻ります。

ちょっとだけ散策

ちょっとジェラートでも、、程度にふらっと散歩しただけです。(笑)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる