アマルフィ(Amalfi)〜ナポリ(Napoli)

2009年8月11日

この日はアマルフィの中心地を散策後、海路でナポリへ移動です。

朝食は大聖堂の鐘楼が見えるテラス席で。

目次

アマルフィ(Amalfi)散策

まずは大聖堂へ。

天国の回廊(Chiostro del Paradiso)

鐘楼の裏にある回廊です。墓地の一部として5貴族の石棺(サルコファギ)が保存されています。

回廊にはフレスコ画やモザイク画が施され、また中央のヤシの木とあわせ、全体の雰囲気をつくっています。

アマルフィ教区美術館(大聖堂附属美術館:Museo Diocesano di Amalfi)

回廊の隣には美術館(というより博物館?)があります。

展示フロアは広くまた複数階層におよび、見応えがあります。

港へ

宿へ戻り、チェックアウトして港へ向かいます。

大聖堂含め中心街〜港まで歩いて回れる範囲にいろいろ詰まっているアマルフィの街。ビーチリゾートとして世界的に人気なのも当然ですね。

ナポリ(Napoli)へ出港

ナポリへの航路は、中型の高速船です。

経由港のポジターノを出ると急激に速度を上げます。これがまた海の状況によってはかなり揺れます。

ナポリ港、モーロ・ベヴェレッロ通り(via Molo Beverello)への着岸です。

見応えのありそうなスポットを横目に、ちょっと距離がありますがホテルへ徒歩で向かいます。

名前で選んだホテル

ローマへの経由地ナポリでの1泊は、カラヴァッジォ・ホテル(Caravaggio Hotel)。

画家カラヴァッジォと関係あるのかないのかわかりませんが、名前で選びました。現地に着いて四つ星と気づきました。

セキュリティほかサービスもしっかりしていてさすがと感じました。

客室もスタイリッシュでした。(館内・客室など撮影してなかったのが残念)

サンタ・ルチア(Santa Lucia)散策

国立博物館周辺までかなり遠回りしつつ、サンタ・ルチア(Santa Lucia)方面へ歩きます。

ヌオーヴォ城(Castel Nuovo)

5つの塔からなる、ルネサンス様式の凱旋門、市民美術館、礼拝堂がある中世の要塞。

王宮(の裏門)

ここは、王宮やスポーツ関連複合施設の裏門でした...。(笑

王宮とその脇の広〜い広場へは、のちほど行きます。

地域歴史博物館(Museo del Corallo)

博物館とあわせ、珊瑚やカメオの職人細工など装飾品も販売しているそうです。

ウンベルト1世のガッレリア(Galleria Umberto I)

全面改修工事中なのか、または8月の夏季休業なのか、お店のほとんどが閉まっていました。

プレビシート広場(Piazza del Plebiscito)

騎馬像のある歩行者専用の大きな広場。新古典派様式の王宮が建っている。市の催し物などにも使用される。

サン・フランチェスコ・ディ・パオラ聖堂(Basilica Reale Pontificia San Francesco da Paola)
王宮(()(Palazzo Reale di Napoli)

サンタ・ルチア(Santa Lucia)の海岸沿い

黄昏時間近のサンタ・ルチア(Santa Lucia)の海岸沿いを歩きます。

真昼間の景色も良いですが、陽が落ちてきて日没あたりまでの雰囲気が抜群ですね。

卵城(Castel dell'Ovo)を過ぎ、ヴィッラ・コムナーレ(市立公園:Villa Comunale di Napoli)あたりまできました。

日没後の街中を歩く

細い路地でもバイクが速度を落とさず入ってきたりします。なかなかスリリングです。(笑

日没後の街歩きは要注意、できれば避けた方がよいです。

翌日は国立博物館内を見学したのちローマへ帰ります。(もう帰る場所ですw。)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる