続々追加旅の記憶

セチェーダ(Seceda)〜サンタ・マッダレーナ(Santa Maddalena)/フネス谷(Val di Funes)

2019年7月10日

オルティゼーイの宿(Residence Villa Stella)では、レジデンスタイプのため朝食を客室でとり、注文できるのはパンのみで、チェックインのときに必要なパンの個数をきかれました。朝食1食につき2個でお願いしましたが、3個お願いすればよかったと少し後悔ですw。前日スーパーで生ハムやチーズ、ヨーグルトなどを買っておきました。

1Fのレセプション脇にラヴァッツァ(LAVAZZA)のカプセル式エスプレッソマシーンが設置してあり、美味しいコーヒーがいつでもいただけます。菓子パンやビスケットなどの甘い軽食もありました。

朝食用にエスプレッソ・ドッピオ(欲張ってカプセル2個分w)をいれてきました。

目次

片道チケットでセチェーダへ

朝食後は急いで荷物の準備と装備を整え、リフトの運転開始時刻に合わせるように宿を出ました。

前日下見程度にセチェーダ山へ行き、予報を裏切り晴れ間も長く存分にセチェーダ山頂〜ガイスラー尾根散策を楽しめましたが、この日はさらに絶好のセチェーダ日和となりました。予報からしてどピーカン。(古…

前日は往復チケットを買いましたが、この日はセチェーダまでの片道チケットだけ買い、ここへは戻ってこない予定です。(覚悟)

Tomoのアイコン画像Tomo

なにがあっても戻らん!
(強気)

標高2500mのセチェーダ山頂へ着きガイスラー山群の尾根へ歩き始めると、木々など遮るものがほとんどなくて強い太陽光でジリジリ肌が焦げていく感じです。

美しい芝生(※芝ではない?)の斜面をテクテク歩いて、前日に来た崖下りの分岐点まできました。

芝生に見えて芝生でない。
緑の斜面はすべて大草原。

覚悟をきめて

道しるべから左(北方面)の斜面を下ります。
Tomoのアイコン画像Tomo

やっぱりここを下りなくては…

覚悟をきめる程ではなかったものの、ここを下っていく人が他に誰もいません。(笑

岩壁にコの字型の杭を打ち、打ち込んだところをセメントのようなもので固めるだけの心許ない足場があったり、慎重に下ります。

ガイスラー山群のこの崩れ落ちた側は北斜面。標高2000m以上では風も冷たく、急斜面に入ると日陰になり体感気温が相当低くなるため、長袖Tシャツ、インナーダウン、ウインドブレーカーをしっかり着ました。

崖下りが終わったかな...と思ったあたりで、陽射しとともに急に暑くなり一気に上着を脱いでタンクトップ1枚になります。ここから緩やかな森歩きが続きます。下り続きだったのでちょっとヒザ関節に震えがw。

おしえて、アルムのもみの木!

ひらけた大草原のアルムにぽつんとブログレス小屋があり、ここで軽く休憩です。

Tomoのアイコン画像Tomo

放牧牛たち間近で見るとけっこう可愛い

花咲く草原をまた歩きはじめます。その先からは延々と深い森をトレッキングです。

ブログレス小屋〜サン・ジョヴァンニ教会のルート

いくつか分岐点で道しるべを辿ってきたつもりが、気付くと道の先に木が倒れてその先が行き止まり…。きつねにつままれたのか、ちがう脇道に迷いこんだ様です。(違)

Tomoのアイコン画像Tomo

おしえて
アルムのもみの木よ

Tomoのアイコン画像Tomo

そうそう...
アルムとは…?

アルム(Alm)ってなんですか?!

高原の牧草地や放牧地のことです。ドイツ語の方弁からきています。

Tomoのアイコン画像Tomo

へぇー...

20分ほど来た道を戻ると見覚えのない道しるべが現れました。これを見逃していただけでしたww。

大草原の小さな教会

森を抜けて辿り着いたのが広大なフネス谷。ここがドロミテ4泊での最終目的地。

大草原にぽつんと佇むラヌイのサン・ジョヴァンニ教会(Chiesetta San Giovanni in Ranui)があるこのあたりから続く集落がサンタ・マッダレーナ村(Santa Maddalena)です。

丘をのぼった草原からの景色
Tomoのアイコン画像Tomo

(ボーッ...)

ボーッと景色を眺めていると、あの森の背後に見えるトゲトゲ山のどれかの谷間から下ってきたのがすでに遠い昔の様に感じます。それくらい延々と歩いてきました。

サンタ・マッダレーナ村からブレッサノーネ(Bressanone/Brixen)の街へ行くバスに乗り、そこでオルティゼーイ行きのバスに乗り換え、宿へ戻りました。

Tomoのアイコン画像Tomo

宿へ戻る前にまたスーパーへ寄りました。

翌日はちょっと大きな島への大航海です。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

Webmaster: Photography, Authoring, Writing

コメント

コメントする

目次
閉じる