続々追加旅の記憶

バウネーイ(Baunei)〜アルトピアーノ・ディ・ゴルゴ(Altopiano di Golgo)

2019年7月16日

カリアリ(Cagliari)の宿をチェックアウトし、ARSTバスターミナルへ。

朝早いうちに買っておいたバスの切符でオルビア(Olbia)行きのバスに乗り込み、途中トルトーリ(Tortoli)でバウネーイ(Baunei)行きに乗り換えました。

目次

バウネーイ(Baunei)

バウネーイの街は、教会を中心に斜面に街が広がり坂道や階段が入り組んでいます。

土地勘が無くても把握できそうな規模ですが、早々道を間違え、登ってきた急坂をあと戻りしたりしました。

この日はバウネーイに宿をとらずアルトピアーノ・ディ・ゴルゴ(Altopiano di Golgo)を目指します。9kgザックにペットボトルの水2本積んで...。

どんな場所なのかまったく想像つきません。

Tomoのアイコン画像Tomo

辿り着いてからのお楽しみ。
( ゚∀゚)アハ

まさに昔ながらの旅人

ジグザグの坂を登り終えると緩やかな道がエンドレス感満載に続きます。水1本がすぐ無くなり、スマホ電波も途切れましたw。

Tomoのアイコン画像Tomo

oh…
道わからへん。

よくよく見るとiPhoneのGPS機能だけは生きていて現在地が辛うじてわかるので、それだけを頼りに歩き続けました。

炎天下なので途中日陰で休みつつ、2時間以上歩いたでしょうか。足の指先にできたマメを応急処置しながら。

アスファルト舗装の道が途切れたな、と思ったあたりでこの日の宿の看板が見えてきました。

バウネーイからの総距離は9.5kmになりました。

Tomoのアイコン画像Tomo

皇居2周弱くらいかな…。

ブンブンカーニバル

周辺に馬やロバ、牛もいます。ロバや牛は放牧です。荒野の至るところに「落し物」=「大地への恵み」が落ちています。

気付いたら大量のハエにブンブン囲まれながら歩く「ひとりブンブンカーニバル」。

Tomoのアイコン画像Tomo

ほかに状況表現が思いつかない…

宿へ着くと、エントランス付近はバール兼食事スペースになっていて、テラスの芝生を猫たちが自由に駆けまわっています。

夜行フェリーの時と同様、また4人用客室をひとりで使います。2段ベッド1ひとつとシングルベッド2台、客室自体は広めでゆったりしています。窓の外はマウンテンビューではなく荒野でしたw。

Tomoのアイコン画像Tomo

裏口の物干しビュー

さっとシャワーを浴びて、サブザックにカメラや一応泳げる(?)準備をして出かけます。

行くには遅すぎた...

アスファルト舗装の道まで出て、そこから分岐するカーラ・ゴロリッツェ(Cala Goloritzé)のビーチへ行く道へ入ります。この道にもロバが地面をハムハムしたり、近づいてきたりします。

森の中にぽつんと、でもちゃんとしたバール(飲食店)があり、その近くにカーラ・ゴロリッツェ(Cala Goloritzé)への入り口があります。

入り口の小屋に係員らしき人がいて入場料をとったり(大人ひとり6ユーロ)、注意事項説明などをしています。

午後4時をまわるところで、この日はもう往路がクローズだと言われ、カーラ・ゴロリッツェ(Cala Goloritzé)は諦めるしかありません。

Tomoのアイコン画像Tomo

やっぱりダメか…

ひっそり佇む教会

来た道を戻りますがまだ時間もアレなので、宿を通りすぎた先にぽつんと建つゴルゴのサン・ピエトロ教会(Chiesa di San Pietro al Golgo)へ行ってみました。

教会敷地へ入るエントランスの柵あたりで、ロバファミリーが興味津々で人の家族にふれあっていました。(逆)

柵から敷地へ入ると、広大すぎて教会建物までしばらくまた荒野です。

奥に見事なオリーブの巨木が並んでいます。相当な樹齢だと思います。その巨木に並ぶ様に、ひっそりと真っ白いファサードのシンプルな教会が佇んでいます。

教会の扉は閉まっていて中には入れず、ファサード上部の鐘からロープが垂れ下がり、鐘を鳴らし放題です。

すぐそこにいた老夫婦の旦那さんの方が鐘を鳴らしまくったあと、なぜかこっち向いて手拳銃で Bababa Baaaann!! と撃つ真似を...。翌朝も宿でお会いしました。

Tomoのアイコン画像Tomo

お茶目やな

そしてまたハエに囲まれブンブンカーニバルで宿に戻りました。

Tomoのアイコン画像Tomo

もうさすがに慣れたよ...

宿の夕飯

当然夕飯を買うスーパーもコンビニも自販機も周囲に皆無なので、この宿で夕食をいただくことにしました。

遠方から車で訪れる人もいて早い時間から席が埋まっていきます。この辺から各地へ戻る自家用車やレンタカー移動の旅行者なども立ち寄るみたいです。

夕食でいただいたのは、まず具がポルチーニ茸だけのトロフィエ(Trofie)というパスタ。ほんのりクリームベースでシンプルな程よい味付け。かるく胡椒だけ振りかけました。ざっくり切ったフレッシュなポルチーニ茸なので風味抜群、食べ応えありました。

続いて骨つき馬肉のステーキ(Bistecca di Cavallo)を。味付けは軽く塩のみだったので、これもすこし胡椒をかけました。

まさに「肉」。イタリアに渡ってからの肉料理といえば加工肉のみだったので、野性味溢れる味に満足です。

炭酸入りの水とあわせ全部で22ユーロでした。思いきったコストパフォーマンスです。(笑)

灯ひとつない真っ暗闇

22時を過ぎると下のバールも全て閉じ、窓の外は灯りのひとつもなく真っ暗闇になります。翌日のため早めに...というよりも、もう寝るしかないですw。

翌日はチェックアウト後にサブザック以外の荷物を宿に預けて、この日行けなかったカーラ・ゴロリッツェ(Cala Goloritzé)のビーチへ行きます。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

Webmaster: Photography, Authoring, Writing

コメント

コメントする

目次
閉じる